2015.08.03

ハリル、次戦メンバー変更を明言「失望もしているし、ガッカリもしている」

ヴァイッド・ハリルホジッチ
腰に手を当ててピッチを見つめるハリルホジッチ監督(右)[写真]=兼子愼一郎

 日本代表を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督が「結果にはガッカリしている」と肩を落とした。

 EAFF東アジアカップ2015が2日に開幕。日本代表は北朝鮮代表との初戦を戦い、1-2で逆転負けを喫した。大会連覇を狙う日本は、早くも苦戦を強いられるかたちとなった。

 日本は開始3分にA代表初選出のMF武藤雄樹が先制点を奪い、好調な滑り出しを見せた。しかし、良い時間は続かなかった。北朝鮮が後半に長身のFWパク・ヒョンイルを投入すると、シンプルなロングボール攻撃を始める。ハリルホジッチ監督も「相手の20番が違いを作った」と認めるように、パク・ヒョンイルが1アシスト1ゴールの活躍を見せた。

 ハリルホジッチ監督は「チームのフィジカル的な問題で、数人の選手が最後まで体力が持たなかった。勝利するためにはより得点が必要だったので、非常にがっかりしています。残り2試合、何か違うことをしなければならないと考えています。しかしながら、このような大会に臨むためにはもう少し準備期間が欲しかった。日本のフットボールは疑問を抱かないといけない。言い訳ではなく、3日前に到着して、1回のトレーニングしかできなかった。今回はフィジカル的な問題と、その(日程的な)問題が決定的な違いを生んでしまったと思っています」と敗因の理由を語る。

 その後もコンディション不良を強調する指揮官。「10回以上の決定的なチャンスがあった。このような失敗を続けてはいけない」と決定力不足を嘆きながら、「失望もしているし、ガッカリもしているけど、こういう結果になってしまった。昨日の試合でなでしこが負けてしまったので、我々は勝たないといけないと話をしていた。本当に勝ちたかったのでガッカリしている」と言い、何度も「ガッカリ」という言葉を繰り返した。

 次は中2日で韓国戦を迎える。就任5戦目で初黒星を喫したハリルホジッチ監督は「何人かの選手を交代する」と明言。さらに、「何人かの選手はかなり疲労しているし、けがもあるのでプレーさせられない。大したことはできませんが、他のプレーヤーにチャンスを与えるということです。そして日本のフットボールに関わる責任のある方々が、今日の試合で何が起こったのかを見てほしい。疑問を投げかけたい。残念ながら(結果に関しては)私に理由があるが、真実を見なければならない。これが日本のフットボールの現状だと思っています」と環境や日程面について疑問を投げかけている。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る