2015.08.03

失点を悔やむGK西川周作「チームを勝利に導けなかった」

西川周作
敗戦に肩を落とす西川(中央)[写真]=兼子愼一郎

 ヴァイッド・ハリルホジッチ体制下で初スタメンとなったGK西川周作は、「もう少し防ぎたかったし、チームを勝利に導けなかった悔しさがすごく強い」と唇を噛んだ。

 EAFF東アジアカップ2015が2日に開幕。北朝鮮戦代表との初戦を迎えた日本は、開始3分に先制するも終盤に2失点を許し、逆転負けを喫した。

 日本は序盤に先制点を奪い主導権を握ったが、良い時間帯は長くは続かなかった。西川は「良い入りができて、その後もチャンスはありました。2点目、3点目を決めることができていれば、試合を終わらせることができた」と振り返り、次のように続けた。

「シュートが入らない状況でピンチが多くなったけど、それは想定していたこと。Jリーグでもなかなか入らない状況で、数少ないチャンスでやれるかどうかを経験していますし、それを繰り返したくなかった。相手の20番(パク・ヒョンイル)が入ってから、攻撃が完全にロングボールになり、相手の狙い通りやられてしまった。それはチームとして悔しいです」

 北朝鮮は後半に長身のFWパク・ヒョンイルを投入すると、シンプルなロングボールを多用し、多くのチャンスを生み出した。結果として、パク・ヒョンイルが1ゴール1アシストを記録し、勝利の立役者となった。「なんとしても失点は防ぎたかった」という西川は、「(日本の攻撃は)相手が守りやすい形になってしまった。チームがうまくいかないときに、GKは『セーブできたらな』という思いが強いです。負けてはいけない試合でしたし、むしろ勝って終わりたかった」と悔しさを滲ませた。

 大会連覇を狙う日本は5日に韓国代表と対戦する。西川は「この結果をしっかりと受け止めないといけないし、すぐ試合があるのでみんなでいい準備をしていきたいです」と前を向いた。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る