2015.06.08

各選手との連携強化を図る丹羽「コミュニケーション取れるのが僕の特徴」

丹羽大輝
G大阪でプレーする丹羽大輝 [写真]=Getty Images

 11日に行われるキリンチャレンジカップ2015のイラク戦、16日に行われるロシア・ワールドカップ、アジア2次予選初戦のシンガポール戦に向け、海外組のみで国内合宿を行なっていた日本代表。8日からは国内組13人が合流し、全25人での練習が実施された。練習後、ガンバ大阪のDF丹羽大輝が記者団の取材に応じている。

 今回の合宿は、丹羽にとっては5月の国内組合宿に続く2度目の代表合宿となった。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督から受けた話については「前回の合宿で言ってたようなことの内容で、ほとんど大きな変化はなく、この2試合しっかり2勝して終わろうって話をしてました。初めてのミーティングやったんで、まあ全員合流してピリッとした雰囲気でやれたんで、よかったと思います」と述べ、W杯予選に向けて緊張感のある雰囲気で練習を開始した様子。

 細かい戦術の指導については「明日は戦術的な練習をやるっていうのは監督も言っていました。Jリーグ組は今日はリカバリーだったんで、明日から合流してやれると思います」と、国内組は9日から全体練習に合流することを明かし、「試合に向けて、たぶん明日からどんどん(本格的な)練習に入ってくると思うんで、しっかりと吸収していきたいです。戦術理解って言うのはホントに大事だと思うし、短い時間でいかにそれを理解できるかっていうのが僕の特徴でもあると思うんで、前回同様にしっかりと監督の意図を理解していきたいなと思います」と、短期間でハリルホジッチ監督の戦術を理解することに意欲を見せた。

 海外組の選手とはなかなか一緒に練習する機会がないが、「サッカーをやるには海外だろうが国内だろうが変わらないと思います。同じ日本人ですし、(多くの人と)コミュニケーションを取れるっていうのが僕の特徴でもあると思うんで、しっかりと各選手と話をして、自分の特徴も相手の特徴もしっかりと生かしながらチームプレーをやっていきたいなと思います」と、自身のコミュニケーション能力の高さを生かし、連携面を強化したいと語っている。
 
 前日の7日にリーグ戦の試合を終え、その足で合宿が行われる横浜に向かったという丹羽。これについては「代表の選手である以上はそこにかける思いって言うのはみんなあると思ってます。やっぱりいい準備をしないといい試合ができないと思うので」と、代表戦でしっかりとしたパフォーマンスを見せるために前泊したことを明かした。

 続けて「昨日、試合をやってますけど、僕はしっかり前乗りしてホテルでゆっくりしたかったんで…(宇佐美)貴史とかはゆっくりしてましたけどね。僕はもう早く(合宿地に)入りたかったんで、ホテルでゆっくり疲れも取れて、今日にでも全然練習やれる感じやったんです。でも今日はゆっくりリカバリーということで、しっかり体も十分リフレッシュできてるんで、明日から全力全開でいけると思います」と改めて、日本代表での意気込みを語っている。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る