2015.06.02

稀有なスプリント練習に刺激…出場機会減をバネに飛躍を期す川島永嗣

川島永嗣
日本代表合宿初日の練習に臨んだ川島永嗣
日本代表から海外まで幅広くフォローするフリーライター。

文=元川悦子

 6月11日のイラク戦(横浜)と16日の2018年ロシアワールドカップアジア予選初戦・シンガポール戦(埼玉)に向け、1日から千葉県内で前倒しの合宿を開始した日本代表の欧州組。2日目の参加者は前日と同じ長谷部誠(フランクフルト)、川島永嗣(リエージュ)、吉田麻也(サウサンプトン)ら8人。10時半と17時の2部練というハードなトレーニングをみっちり消化した。

 午前中は初日同様、15分程度の青空ミーティングから練習開始。ペースアップしながらの約22分間の走り、ボールコントロール練習、狭いエリアでの6対2などを約2時間、取り組んだ。

 中でも過酷だったのが、タッチラインとゴールラインの合計約160mを30秒でダッシュするインターバルトレーニング。コンディションや走力に合わせて①酒井宏樹(ハノーファー)、②長谷部、清武弘嗣(ハノーファー)、酒井高徳(シュツットガルト)、原口元気(ヘルタ・ベルリン)、③吉田、大迫勇也(ケルン)、④川島というグループに分けられ、走る距離は酒井宏樹の165mが最長。それ以外は2mずつ減らす形を取った。が、川島は8本、吉田は10本でリタイア。それ以外は12本走り切れた。「サウサンプトンではああいう練習は今までなかった。昨日着いたばかりというのもあった。明日明後日には普通にこなせると思う」と吉田は今後の巻き返しを期していたが、走力を重視するヴァイッド・ハリルホジッチ監督の要求は想像以上に厳しいようだ。

 午後は午前中ほどの走りはなかったものの、サーキットトレーニングや細かいパスやドリブルのコントロール練習をを積み重ね、最終的にはミニゴールを4つ使った4対4まで持っていった。

 川島だけは途中からGK練習に移り、リカルド・ロペス、浜野征哉という2人のGKコーチからボールを蹴ってもらって、キャッチング練習に精を出していた。両コーチは川島がスタンダール・リエージュで試合出場機会から遠ざかっていることを認識したうえで、あえて過酷な内容を突きつけたに違いない。川島は午前中の走りも含め、ハードな2部練習を前向きに受け止めた様子だ。

「負荷の高い練習ですね。午前中のスプリント練習なんか何年もやってない(苦笑)。でも今はコンディションを作らないといけないですし、自分も32歳になって練習すればそれだけまだまだ成長できることを実感している。厳しい練習ですけど、しっかり理に適ってることをやってると思うので、結果につながっていくと思います」と川島は神妙な面持ちでコメントしていた。

 ハリルホジッチ監督も1日のメンバー発表会見で「川島はクラブでプレーしていないので少し難しい。が、彼を信頼しているし、代表に来るときは本当にいい状態で来てくれる。彼にはもう少しやってほしいし、この2試合でどうなるかを見ていきたい」と彼に対しての不安と懸念の両方を吐露していた。これに対して川島は「クラブで試合に出られなかったことは明確ですけど、自分がやれることはやってきた。それを代表のピッチで見せるだけだと思う。監督の考えやアイディアに達することができなければ、残っていけないのは自分でも分かっていること。ただ、若い頃とは違って何をしなければいけないかというアイディアがあるし、自信もある。それを毎日の練習の中でしっかりと出したい」と改めて強い覚悟と決意を口にした。

 Jリーグを戦っている西川周作(浦和レッズ)らライバルたちに差をつけるためにも、今回の欧州組だけの前倒し合宿を最大限生かすことが肝要だ。国際Aマッチ出場69試合を誇るチーム最年長の守護神の神髄を今こそ、しっかりと見せつけたいものである。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る