FOLLOW US

日本代表の清武弘嗣「監督のサッカーを頭に叩き込むことが最優先」

日本代表の清武 [写真]=兼子愼一郎

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は25日、大分県内で合宿3日目の練習を実施した。

 2日連続で非公開となった練習後、清武弘嗣が報道陣の取材に応じた。「1人、2人を飛ばしてのパスとか、3人目の動き出しとかすごく意識しているので、ボールのスピードやプレーの展開のスピードはすごく重要視しているかなとは思います」と、新体制の印象を明かす。

 今回はロンドン・オリンピックをともに戦った永井謙佑も招集。当時は永井の快速を生かしたサッカーを展開していたこともあり、「そういうのは1つのオプションだと思うし、謙佑は出し手がいないと生きないので、そういうのは考えながらしっかりプレーできればいい」と語る。

「監督のサッカーを頭に叩き込むことが最優先」と口にする清武。「それに必死というか、本当に細かいですけど、少しでも実践できれば」と、戦術理解への思いを明かした。

 日本代表は、27日に大分スポーツ公園総合競技場で行われるキリンチャレンジカップ2015でチュニジア代表と対戦。31日に東京スタジアムで行われるJALチャレンジカップ2015では、ウズベキスタン代表と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO