2015.01.24

試合終盤にチーム救った柴崎岳、同点弾は「イージーなボール」

柴崎岳
同点弾を決めた柴崎岳 [写真]=兼子愼一郎

 アジアカップ準々決勝が23日に行われ、日本代表はUAE代表と対戦した。立ち上がりの7分に先制を許した日本代表は、81分に途中出場のMF柴崎岳が同点ゴールをマーク。勝ち越せずに延長戦に突入すると、1-1のまま120分を終え、PK戦で4-5と敗れた。

 試合後、「イメージ通りと言えばまあそうですね」と同点弾について明かした柴崎は、「(本田)圭佑さんから自分が落としてほしいところに落としてくれたので、ホントに簡単な結構イージーなボールだったかなと思います」とコメントした。

 柴崎は試合を振り返って、「結果に結びつかなかったんであれば、結果に値するプレーはできてないと思います」と、同点弾を決めるも厳しく自分を評価。「数あるチャンスは作れていたので、そこを決めきれなかったというのは個人としては非常に残念かなと思います」とチャンスの数に対する得点の少なさを悔やみ、「まだまだゴール前の精度だったり質というのが上げていかなければいけない」と今後の課題を挙げた。

 後半の途中から出場した柴崎は、「ボールを触れるスペースと時間は十分あった」と語ると、「なるべく多くのタッチ数をしようとは思ってましたし、動きを多くしながらリズムを作って得点の場面も作ることはできました」と試合で意識していた点を明かしている。

 また、追加点を決めるためにパワープレーをしなかった理由を問わると、「選手個々のアイディアで、そういった細かいつなぎからチャンスを作ることができる余地はあったので、パワープレーという選択肢はなかったです」と率直に答えた。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る