2015.01.18

AFC、審判批判発言の本田圭佑に罰金5000ドル…試合で警告の今野や清武にも

本田圭佑
18日の練習に参加した本田圭佑 [写真]=兼子愼一郎

 AFC(アジアサッカー連盟)は17日、現在開催中のアジアカップにおいての規律委員会の調査結果を公式サイトを通じて発表した。

 日本では、本田圭佑がアジアカップ初戦のパレスチナ戦終了後、主審のジャッジに対し、「バスケットボールのよう」と発言したことが攻撃的でフェアプレーに反する発言だったとして、5000ドル(約59万円)の罰金処分を科された。また、イラク戦で警告を受けた今野泰幸と清武弘嗣に2000ドル(約24万円)ずつの罰金、パレスチナ戦の試合前にメンバーリストの提出が遅れたとして、日本サッカー協会に注意が与えられている。

 他にもバーレーン戦で未承認のユニフォームを使用したイランサッカー協会に5000ドル、クウェート戦でシミュレーションにより警告を受けた韓国代表のナム・テヒに4000ドル(47万円)、日本戦で2度の警告により退場となったパレスチナ代表のアハメド・マハジナに2000ドルの罰金が科されるなど、計29のサッカー協会や選手に罰金や警告が与えられている。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る