2015.01.17

本田、決勝弾後の敬礼に言及「試合前に決めたパフォーマンス」

ゴール後に見せたパフォーマンス [写真]=兼子愼一郎

 日本代表は、16日に行われたアジアカップの第2戦でイラク代表と対戦。23分に本田圭佑が決めたPKでの得点で、1-0と勝利を収めた。

 決勝ゴールを挙げてマン・オブ・ザ・マッチに輝いた本田だが、試合後の会見でシュートがポストやクロスバーを3度叩いたことについて、「決めなければいけないと思う。ビッグチャンスを作れたのは良かったが、点を取らなければというところで反省しないといけない」と改善点をコメント。チャンスを決め切れないことが、決勝トーナメントでは敗退に繋がる可能性があるのではと問われると、「これもサッカー。次の試合で決める」と力強く語った。

 また、ゴール直後に岡崎慎司と向い合って、敬礼したジェスチャーについては、「試合前に決めたパフォーマンス。特に理由はない」と明かしていた。

 日本代表は2連勝となり、勝ち点6でグループDの首位。20日のヨルダン代表戦で引き分け以上なら、首位通過が決まる。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る