2015.01.16

本田のPKで勝利…無得点に悔しさ見せるFW岡崎「自分が決めたかった」

岡崎慎司
イラク戦でフル出場したFW岡崎慎司(左) [写真]=兼子愼一郎

 AFCアジアカップ オーストラリア2015のグループリーグ第2節が16日に行われ、グループDでは日本代表とイラク代表が対戦。日本は23分、自ら得たPKをFW本田圭佑が決めて先制する。再三チャンスを作り出すも、追加点は奪えず。最後までリードを守り切った日本が1-0で勝利を収めた。

 マインツ所属のFW岡崎慎司は試合について、「相手がルーズだったんで、そこを突けた部分もあった」とするも、「自分も含めてみんなチャンスを外したし、それに尽きる試合だったかなという感じです」と振り返り、「最後のところでやっぱり決めなきゃいけない。個人的にはやっぱり自分が決めたかった」と、ノーゴールに悔しさを示した。

 2試合連続ゴールとはならなかった岡崎だが、「点取るポジションには入れてるからあとは決めるだけかな」とコメント。「まあハッキリしてるんで、決めなかったらダメだし、決めればOKだし、それだけです」と淡泊に語った。

 また、本田がPKを決めたあと一緒にした敬礼のパフォーマンスについて問われると「敬礼っていうか、普通に前やろうって決めてたんで」と明かし、「意味はないです(笑)。カッケーなと」と説明している。

 日本代表は20日、グループD首位で最終節のヨルダン代表との対戦に臨む。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る