2015.01.16

2戦連続PK弾もポスト&バーに3度嫌われた本田「非常に悔しい」

本田圭佑
イラク戦で先制点を挙げた日本代表FW本田圭佑 [写真]=Getty Images

 AFCアジアカップ オーストラリア2015のグループリーグ第2戦が16日に行われ、グループDでは日本代表とイラク代表が対戦。日本は23分、自ら得たPKをFW本田圭佑が決めて先制する。最後までリードを守り切った日本が1-0で勝利を収め、グループリーグ首位に立った。

 初戦のパレスチナ戦に続き、2戦連続でPKを決めた本田は、「大事な時間帯だったんで、先制点を取ることができてよかったです」と振り返った。

 サイド攻撃に関しての手応えを問われると、「まだまだいいプレーを出せたんじゃないかなとは思っています。満足はできないです」とコメント。自身のシュート場面ではクロスバーやゴールポストに阻まれ、再三チャンスを作りながらも追加点を奪うことができなかった。本田は、「あれを決めないと大事な試合には勝てないと思うので、非常に悔しいです」と厳しい表情を見せた。

 コンディションについては、「まだまだですね。ただちょっとずつ上がってきてるんで、手応えを感じています」と語っている。

 後半途中には、MF遠藤保仁とMF乾貴士に代えて、MF今野泰幸とMF清武弘嗣を投入。本田は、両選手の連係を「非常によかったんじゃないですか。清武と今ちゃんの良さが非常に出ていた」と評価した。

 日本代表は20日、グループリーグ最終節でヨルダン代表と対戦。引き分け以上で自力のグループ首位通過が決まる一戦に向け、「しっかりいいプレーをしたいと思います」と意気込みを示している。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る