2015.01.16

再三のチャンスも追加点奪えず…アギーレ監督「簡単ではなかった」

 AFCアジアカップ オーストラリア2015のグループリーグ第2戦が16日に行われ、グループDでは日本代表とイラク代表が対戦。日本は23分、自ら得たPKをFW本田圭佑が決めて先制する。再三チャンスを作り出すも、追加点は奪えず。最後までリードを守り切った日本が1-0で勝利を収め、グループリーグ首位に立った。

 試合後、ハビエル・アギーレ監督は「相手がしっかり守って、攻撃に危険な選手を置いていたのであまり大きな展開がない試合になったかもしれない。より早い時間帯に2点目を取れていれば、落ち着いてプレーできたかもしれないが、簡単ではなかった」と試合を振り返った。

 後半に入り、MF乾貴士とMF遠藤保仁を同時に交代させたアギーレ監督は、「中盤の選手たちに疲れが見られたので、リフレッシュさせようとした」と説明。ヨルダン戦に向けて「勝ちを狙って行きたい。勝ち点9をに伸ばしたいと思います」と意気込みを語っている。

 日本代表は20日、グループリーグ最終節でヨルダン代表と対戦。引き分け以上で自力のグループ首位通過が決まる。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る