2015.01.12

初のアジア杯に緊張の武藤…自身のプレーに「言い訳はしたくない」

武藤嘉紀
パレスチナ戦に途中出場したFW武藤嘉紀 [写真]=兼子愼一郎

 AFCアジアカップ オーストラリア2015のグループリーグ第1戦が12日に行われ、グループDでは日本代表とパレスチナ代表が対戦。前半にMF遠藤保仁、FW岡崎慎司、FW本田圭佑の得点でリードした日本は、後半の開始早々にもDF吉田麻也が加点し、4-0で快勝した。

 後半、先制点を決めた遠藤に代わり途中出場したFW武藤嘉紀は「今日は固かったですね」と反省の色を見せた。

「途中から入ってきて、あれだけ多くミスをしてしまうとよくないですし、初戦だからと言って、その緊張感でプレーできなかったという言い訳はしたくないんで。次、出場する機会があったら、今日みたいなプレーじゃなくて、もっと自分らしさを出して日本の勝利に貢献したいと思います」

 さらに武藤は、「もっともっと、自分で貪欲に行っていいところはあった」と振り返る。「初戦で周りに気を遣い過ぎてしまったところがあった」と分析すると、「自分で行くところだったり、もう少しハッキリとしたプレーをすれば良かったと思います」と自身のパフォーマンスに不満を示した。

 日本代表は16日、グループステージ第2節でイラク代表と対戦する。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る