2015.01.12

アジア杯デビューを果たしたDF酒井高徳「最初はバタバタした」

酒井高徳
パレスチナ戦に出場した日本代表DF酒井高徳 [写真]=兼子愼一郎

 AFCアジアカップ オーストラリア2015のグループリーグ第1戦が12日に行われ、グループDでは日本代表とパレスチナ代表が対戦。前半に遠藤保仁、岡崎慎司、本田圭佑の得点でリードした日本は、後半の開始早々にも吉田麻也が加点し、4-0で快勝した。

 右サイドバックで先発フル出場したDF酒井高徳は、「今日はアグレッシブにというよりは、状況を見て動くようにした」と試合を振り返る。

「(長友)佑都くんのサイドがスルスル行けていたので」と言うように、左サイドのDF長友佑都の攻撃参加が多く、チーム2点目を取った時点で、「今日はあまり前に行かずに佑都くんに任せようかな」と声を掛けたことを明かした。

 酒井は前回大会で代表メンバーに選出されながらも、腰痛のためにチームを離脱。「(パレスチナは)全く知らない相手でどんな感じか分からなかったし、自分自身、後手後手になっていた部分があった。最初はバタバタしたけど、時間が経つにつれて修正できたと思う」と大舞台での戦いにやや緊張していたようだが、「佑都くんが(前線に)行っているのを見て、自分はバランスを取ろうと後方に下がっていたので、大崩れはしなかった。その辺りは良かったと思う」と、一定の手応えも感じているようだった。

 日本代表は16日、グループステージ第2節でイラク代表と対戦する。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る