2015.01.12

遠藤の先制ミドルからゴールラッシュ…「蹴った瞬間、入るかなと」

遠藤保仁
先制点を決めたMF遠藤保仁 [写真]=兼子愼一郎

 12日、AFCアジアカップ・オーストラリア2015が開催され、グループDの日本代表とパレスチナ代表が対戦。日本代表は、MF遠藤保仁のゴールで先制すると、FW岡崎慎司、FW本田圭佑が追加点を奪いリードを広げる。後半にもDF吉田麻也のヘディングシュートが決まり、4-0の快勝で初戦を飾った。

 先制点を決めた遠藤は、今試合に向けて「初戦が大事だというのは全員で確認してましたし、相手を圧倒して必ずいいスタートを切る、というだけでした」と、意気込んでいたという。試合を勝利で終え、「良いスタートを切れたと思いますし、みんな非常にモチベーションも高かったので、良かったと思います」と述べた。

 先制点の場面については、「フリーだったので、まずは枠に蹴るようにと。あとは芝が結構スリッピーだったので、蹴った瞬間、入るかなと思いましたね」と振り返った。

 ブラジルワールドカップ後に一度は日本代表を外れたものの、復帰後も存在感を示している遠藤。「高い位置を取れているので、ゴールへの意識は強くなっていますし、良い結果として出ている」と言う。

 16日にはグループステージ第2戦のイラク戦が控えているが、「まだまだミスも多かったですし、これだけボールを支配しながら、ビッグチャンスは少なかったような気がするので、もっと上手く連動しながら攻められるようにやっていきたいと思います」と、課題を挙げた。
 
 また、イラクは前々回大会のチャンピオンだということについては、「今日みたいなゲームにはならないと思いますし、一つのミスが相手にビッグチャンスを与える可能性もあるので、今日出た課題を修正しながら、高い集中力と高いモチベーションで臨んでいければと思います」と、気を引き締めた。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る