FOLLOW US

豪州に日本勝利…セルジオ越後氏「前王者としてアジア杯は優勝しなければ」

オーストラリア戦で円陣を組む日本代表 [写真]=白井誠二

 キリンチャレンジカップ2014が18日にヤンマースタジアム長居で行われ、日本代表とオーストラリア代表が対戦。後半に今野泰幸岡崎慎司が得点した日本が、オーストラリアの反撃をアディショナルタイムのティム・ケーヒルによる1失点に抑え、2-1で勝利した。

 試合後、サッカーキングの取材に応じたサッカー解説者のセルジオ越後氏は、「(14日に対戦した)ホンジュラスよりはいい相手だったね。前半はパスを回されて押された。相手はパスを回すチームで、あまり仕掛けてこないから助かったよ」と最初の45分についてコメント。前半途中から日本はシステムを[4-3-3]から[4-2-3-1]に変更。その後2得点を奪ったが、「みんなシステムの話をしたがるけど、サッカーはシステムではなくまず選手。後半は相手の足が止まったから」と、後半にペースを握れたことについて、相手の体力が落ちたこことを要因に挙げた。

 また、「ザッケローニ監督のチームだね。内田(篤人)と長友(佑都)がコンディション良くなって入れば、完全にそうだね」と、チーム作りに言及。「アギーレ監督がどうということではなく、結局このメンバーしかいなかったということでしょ」と続け、代表チームの選手層の薄さを指摘した。「ラッキーボーイが出るのかな」と口にしたセルジオ氏だが、この試合も先発した武藤嘉紀については、「最初の結果で周囲が熱くなっちゃったね。現時点では乾(貴士)のほうがいいんじゃない」と、新星について触れている。

 日本の次戦は、連覇の懸かるオーストラリアで開催されるアジアカップになるが、「ディフェンディングチャンピオンとして、優勝はいなければいけない。期待しているよ」と、必勝を求めている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO