2014.11.15

先発の武藤、連係に手応えも無得点に「個人として納得していない」

武藤
ホンジュラス戦に先発出場した武藤 [写真]=Getty Images

 キリンチャレンジカップ2014が14日に行われ、日本代表とホンジュラス代表が対戦。吉田麻也と本田圭佑、遠藤保仁の得点で3-0とリードして前半を終えた日本は、後半にも乾貴士の2得点と豊田陽平の得点が生まれ、6-0と大勝した。乾と豊田は代表初得点だった。

 試合後、先発出場したFC東京の武藤嘉紀は「徐々に選手たちでコミュニケーションを取っていって、連係も高まってきたと思いますし、周りもうまく使ってドリブルで行くところだったり、パスを簡単にはたくところは、今日はできたんじゃないかなって思います」と、自身のプレーを振り返った。

 また、無得点だったことについては「得点に絡みたかったし、チームとして勝つことは非常に良いことだと思うんですけど、個人としては納得していないです」とコメント。武藤と交代でピッチに入った乾が2ゴールを挙げたことに関しては「さすがです。ドイツで活躍していて、途中から出てすぐ決められるのは本当にすごいと思います。あの決定力は自分も見習わないといけないです」と述べた。

 長谷部や遠藤とのプレーに関しては「真ん中で落ち着かせることによって、自分たちの上がる時間を作ってくれますし、真ん中に、難しいパスでもスッて入れてくれます。自分がフリーで前を向く機会が今日は多く作れたなって思います」と主張。ブラジル・ワールドカップのメンバーが戻ったチーム内の雰囲気については「ピリピリ感はないですけど、やっぱりブラジルのメンバーは分かり合っています。そこで自分みたいな新人が縮こまってしまうとうまく連係も取れないので、コミュニケーションはしっかりとっていきたいです」と語った。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る