2014.10.17

4大会ぶりの世界切符を懸け、U-19日本代表が北朝鮮と決戦…試合の注目点とは

韓国戦で先発したU-19日本代表メンバー [写真]=佐藤博之

 17日、4大会ぶりのU-20ワールドカップを懸けた戦いに挑むU-19日本代表。初戦の中国戦のショッキングな敗退から、まるでドラマのような展開でグループCの1位となり、重要な大一番を北朝鮮と争うこととなった。

 北朝鮮も日本同様に、イラク、カタール、オマーンという厳しいグループに入り、初戦を落とす苦しいスタートを切ったが、試合を重ねるごとにパフォーマンスが向上し、オマーンに引き分けると、最終戦ではこのグループで本命視されていたイラクを2-1で撃破。2位通過を決めた。

 絶対に油断してはいけないのは間違いない。だが、日本も一度は奈落の底にたたき落とされながらも這い上がり、ライバル韓国を下すなど、勢いは十分。持てる力を十分に発揮できれば、決して勝てない相手ではない。

 日本は前々日練習、前日練習でしっかりと北朝鮮をイメージしたトレーニングを積んだ。北朝鮮のキーマンは3番(MIN HYO SONG)と15番(KIM KUK CHOL)のCBコンビと、ボランチの8番(RI UN CHOL)、そして5番(CHOE JU SONG)と9番(KIM YU SONG)のツートップだ。特にCBコンビは強烈で、高い対人能力を誇る。彼らを中心に堅いブロックをしいてくるため、日本はいかに彼らをサイドに引っ張ったり、背後を効果的に突くことが出来るか。そこで鈴木政一監督はオナイウ阿道を今大会初スタメンで起用しそうだ。南野拓実とオナイウのコンビネーションで、CBを翻弄して、南野の飛び出しや、ボランチの川辺駿、井手口陽介らの飛び出しを引き出して、ゴールを陥れるのが狙いだ。

 守備に関しては、中谷進之介と内山裕貴のCBコンビがどこまで強気のラインコントロールを出来るか。北朝鮮は守備時にはツートップも自陣に戻ってブロックを固める。彼らの狙いはもちろんカウンターで、ボランチの8番が豊富な運動量と球出しでカウンターの起点となり、フィジカルとスピードに優れたツートップを走らせる。このカウンターには要警戒だが、ラインを下げてしまうと、韓国戦で見せたような分厚い攻撃はなし得ないし、相手のCBを翻弄することが出来なくなる。強気なラインコントロールをしながらも、いかにカウンターに対するリスクマネジメントが出来るか。中谷と内山には緻密なラインコントロールが求められるし、宮原和也と石田峻真の両サイドバックもCBと連動して、チャレンジ&カバーが出来るか。つまりは、韓国戦のような戦いが出来れば勝機は高くなる。

「絶対に勝って世界大会に出る強い気持ちは持てている」(鈴木政一監督)

 一度地獄を見たチームは、チーム一丸となる準備はできている。3大会閉されていた世界の重い扉をこじ開ける時は来た。いざ、決戦へ。若き日本代表がミャンマーの地で大一番に挑む。

文=安藤隆人

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る