2014.10.15

悔しさ滲ませつつ前を向く柿谷曜一朗「課題が見えた貴重な試合」

柿谷曜一朗
後半途中からピッチに立った柿谷曜一朗(右) [写真]=兼子愼一郎

 国際親善試合が14日に行われ、日本代表とブラジル代表が対戦。バルセロナに所属するFWネイマールが4得点を挙げる活躍を見せ、4-0でブラジルが大勝した。

 同試合の後半途中から出場したバーゼル所属の日本代表FW柿谷曜一朗は、「前半は特に相手チームが動けていなかったと思うし、チャンスはあるかなと思った。でもやっぱり仕事をさせてしまうと、そのまま流れに乗ってしまって良いプレーを続けられてしまう。それは今日の試合を見てわかったと思う」と試合を振り返り、「こういうピッチでも、ブラジルは技術的に本当に良いものを出していたと思うし、そういうところの差はこれからもっと埋めていかないといけないと思う。そこは気持ちのところでカバーできるところもたくさんあると思うので、本当に残念な結果です」と悔しさを滲ませた。

 自身が惜しいシュートを外したことについて問われると、「個人的なところよりも、0-4で負けたということがどうしても悔しい」と語り、ブラジルの印象については、「やっぱり楽しんでやっていますし、1人1人が、全員が連動してやっているという印象はありました。ホンマにサッカーを楽しんでいるなと。試合を楽しんでいるというイメージで今までいましたけど、実際目の前で見るとその通りで。でも、日本も絶対勝てないのかと言われたらそうじゃないと思うし、これからの課題が見えた本当に貴重な試合だったと思う。個人的にもそうですし」と、話した。

 そして「(課題は)もちろんたくさんありますけど、今、1個1個反省するよリも、まずはこの結果を素直に受け止めて、それぞれが各チームに帰って、しっかりトレーニングに励むことが一番大事じゃないかなと思います。全員が90分を通して相手に勝てるメンタルと技術を常に持って試合に臨めるようにできればいいかなと思います」と今後を見据えた。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る