2014.09.18

初陣終えたアギーレ体制の日本、最新FIFAランクは48位

アギーレ
日本代表を率いるアギーレ監督 [写真]=Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)は18日、最新のFIFAランキングを発表した。

 今月にハビエル・アギーレ新体制の初陣を含む2試合を消化した日本は、前回から順位を4つ下げて48位となり、アジア2番目となった。アジアトップは、順位を4つ上げて44位となったイラン。他のアジア勢では、順位を7つ下げて58位となったウズベキスタンがアジア3番目。6ランクダウンの韓国は63位となった。なお、オーストラリアは 5ランクダウンしてアジア内で9番目の84位だった。

 また、上位陣では1位のドイツと2位のアルゼンチンは変動なし。3位に1ランクアップのコロンビアが入り、1ランクダウンのオランダが4位だった。5位はベルギー、6位にブラジル、7位にウルグアイ、8位にスペイン、9位にフランス、10位にスイスが入った。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る