2014.09.10

アギーレ初陣2連戦は“整地中”…求める人材の単純起用から最適化へ/西部謙司

森重真人
ウルグアイ戦、ベネズエラ戦(写真)とアンカーのポジションで起用された森重 [写真]=Getty Images

 アルベルト・ザッケローニ前監督のスタート時とは違い、ハビエル・アギーレ監督はいったん“更地”にしている状態。この時点で評価すべきではない。オサスナ時代の[4-3-3]に合いそうな選手をハメ込んでみただけで、練習時間も足りないから選手も意図を理解していない。プレーぶりだけを評価すれば相当に酷いが、現段階では問題ではない。

 システムのキーポジションであるピボーテに森重を起用したのは“らしさ”といえる。森重が最適かどうかはともかく、相手のカウンターに対して中央に3枚残せること、押し込まれたときに[4-1-4-1]で守備の圧力を高められること、この2点においてザッケローニ時代の弱点を補える可能性はあると思う。

 CBとMFの左側に左利きを起用したのも“らしさ”かもしれないが、おそらくマストではない。長身で左利きのCBという条件で選抜されたであろう坂井達弥、フィジカルが強い左利きの田中順也のMF起用など、今回は“求人条項”が先になっていたけれども、能力の見極めがつけばそちらが優先されるはずだ。

 アジアカップの重要性はアギーレ監督も承知しているはず。いったんはどこかでテストを打ち切って、人選と戦術をまとめなければならない。ただ、香川真司、長谷部誠という大物のテストがこれからで、キーポジションのピボーテや1トップに試したい人材はまだいるかもしれないし、本田圭佑の置き所も右ウイングが最適とは思えない。上下動とスピードが要求されるこのポジションでは、本田よりも岡崎慎司や武藤嘉紀のほうが計算できる。本田、香川の起用法が不透明なので、システムも[4-3-3]のまま行くのか、トップ下を設けるのかも含めて、かなり時間がかかってしまうかもしれない。

 アジアでは相手に引かれてしまう。失ってしまったコンビネーションによる攻撃を短期間で再構築できるかどうかがカギになりそうだ。

文=西部謙司

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
46pt
C大阪
44pt
横浜FM
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
59pt
福岡
55pt
名古屋
49pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
37pt
富山
35pt
沼津
34pt
Jリーグ順位をもっと見る