2014.09.10

アギーレ新体制の初得点決めた武藤、ゴールの瞬間は「時が止まった」

武藤嘉紀
代表初ゴールを決めたFW武藤嘉紀 [写真]=Getty Images

 キリンチャレンジカップ2014が9日に行われ、日本代表とベネズエラ代表が対戦。アギーレ体制下で代表初招集となった武藤嘉紀が初ゴール、柴崎岳も日本代表初得点を決めたが、ウルグアイ戦に続きミスからの2失点で、2-2の引き分けに終わった。

 後半開始からの出場となった武藤は、「6万人を超える中で歓声も違いますし、緊張もありました」と明かしており、そんな中で代表初ゴールを決めたことについては、「こういう舞台で決められることができたのは自分の自信にもなりましたし、本当に良かった」と語った。

 そのゴールの瞬間は、「(歓声は)あんまり聞こえなかったですね。面白い感覚でした。『時が止まった』って感じでした」としており、「シュートは入ったところくらいしか見えなくて、そのまま弾道がすべて見えたというより、吸い込まれたところくらいしか」とコメント。「やっぱりすごく集中していたんですかね」と説明している。

 また、ゴール後は「誰に何を言われたのか、全然覚えていないです。みんなに『ナイッシュー』ぐらいですかね(笑)」と語っており、「監督からは『ムイビエン』って。『良かったよ』って言われました(笑)」と明かした。

 しかし、「まだまだ自分の良さは出し切れていない」と満足していない部分もあることをコメント。「本田選手のFKのこぼれ球とか、もう少し感覚を研ぎ澄ませなければならないシーンもあった」とするも、「次の試合につなげればいいかなと思います」と前向きに語った。

 日本代表は10月にも親善試合を実施。10日に新潟でジャマイカ代表、14日にシンガポールでブラジル代表と対戦する。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る