2014.09.10

細貝、監督こだわりのプレスに課題「クラブに帰っても意識する」

細貝萌
ベネズエラ戦に出場した日本代表MF細貝萌(右)[写真]=Getty Images

 キリンチャレンジカップ2014が9日に行われ、日本代表とベネズエラ代表が対戦。アギーレ体制下で代表初招集となったFC東京所属のFW武藤嘉紀が初ゴール、鹿島アントラーズ所属のMF柴崎岳も日本代表初得点を決めたが、ウルグアイ戦に続きミスからの2失点で、2-2の引き分けに終わった。

 親善試合2試合を振り返ったヘルタ・ベルリン所属のMF細貝萌は、「プレスのことに関しては監督もこだわってる感じがあった。プレスをかけに行くタイミングだったり、そういうところをもっとうまく順応できればよかったと思っています」とコメント。「当然できなかったことが多かったし、まだまだだなって感じることも多かった」と反省を口にした。

 さらに細貝は、「基本的に監督も言ってましたけど、『目立たないところでも貢献していく』っていうところ。自分のところでは奪えないけど、その2つ後で奪えたらプレスがきいてたってことになると思うし、そういうところを意識してやれればいいのかなと思います」と早くも次の代表戦を見据え、クラブに帰っても意識しながらプレーしていくと語った。

 日本代表は10月にも親善試合を実施。10日に新潟でジャマイカ代表、14日にシンガポールでブラジル代表と対戦する。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る