2014.09.10

柿谷、同時先発の大迫との連係に自信「良い関係でやれる」

柿谷曜一朗
ベネズエラ戦に先発出場した日本代表FW柿谷曜一朗 [写真]=Getty Images

 キリンチャレンジカップ2014が9日に行われ、日本代表とベネズエラ代表が対戦。アギーレ体制下で代表初招集となったFC東京所属のFW武藤嘉紀が初ゴール、鹿島アントラーズ所属のMF柴崎岳も日本代表初得点を決めたが、ウルグアイ戦に続きミスからの2失点で、2-2の引き分けに終わった。

 試合後、先発出場したバーゼル所属のFW柿谷曜一朗が以下のようにコメントした。

 シュートを放った場面を振り返ると、「流れがよくなかったので、あそこで決めたかった。コースをしっかり狙ったんですけど、入らなかったので残念です」と2試合連続無得点に悔しさを滲ませた。

 前半のみの出場となった柿谷は、「90分間戦えなかったってことは前半のパフォーマンスが全く良くなかったと思うので」と反省を口にしつつ、「でも、サコ(大迫勇也)とやるのは今までほとんどなかったので、改めてやりやすさを感じて出来ました」とコメント。どちらか一方が1トップとして起用されるこれまでの体制とは違い、同時にプレーできる環境に新たな発見もあったようで、「これからもっと、違うチームでお互い刺激しながら、また一緒にやるときにいい関係で出来るようにしたい。良い関係でやれる自信もあります」と語った。

 日本代表は10月にも親善試合を実施。10日に新潟でジャマイカ代表、14日にシンガポールでブラジル代表と対戦する。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る