FOLLOW US

本田、川島とともにキャプテン指名の吉田、敗因は「僕らの自滅」

ウルグアイ戦に出場した日本代表DF吉田麻也(中央)[写真]=江本秀幸

 キリンチャレンジカップ2014が5日に行われ、日本代表とウルグアイ代表が対戦。ホームでハビエル・アギーレ監督の新体制初戦を迎えた日本代表だが、守備のミスから失点を許し、0-2で敗れた。

 試合後、サウサンプトン所属のDF吉田麻也は「世界トップクラスのストライカーを擁するチームなので、守備の意識は個々の選手が持つこと、チームとしてカウンターアタックに備えるということはミーティングでも強く言われました」と明かした。実際、崩された場面は少なく、自陣で起きた守備のミスからの失点だった。吉田は「そういう形で相手に何度も崩されたというシーンはなかったと思う」と手応えを語りつつ、「僕らの自滅と言うか、ミスからの失点だった」と試合を振り返った。

 ミーティングで、スタンダール・リエージュ所属のGK川島永嗣と、ミラン所属のMF本田圭佑とともにキャプテンに指名された吉田。アギーレ監督との信頼関係について「監督は英語ができる。まだ信頼というのはさすがに言い過ぎだと思いますけど、直接コミュニケーションを取れるという意味では、選手の間に入るというのは重要かなと思います」と語った。

 さらに「毎回呼ばれることにベストを尽くしますし、呼ばれたら自分のベストのパフォーマンスを出せるようにというのは意識しています。新しい選手に負けたくないという気持ちはもちろんあります」と新戦力とのポジション争いに意欲を見せた。

 日本代表は9日に、横浜国際総合競技場でベネズエラ代表と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA