FOLLOW US

ザック、本田圭佑を評価「最もフィジカル勝負ができていた」

ザッケローニ監督がコロンビア戦後にコメントした [写真]=FIFA via Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が24日に行われ、グループCでは日本代表とコロンビア代表が対戦。日本は1-4で敗れ、1分け2敗の勝ち点1でグループリーグ敗退が決まった。

 試合後、アルベルト・ザッケローニ監督が以下のように今大会を振り返った。

 ザッケローニ監督は自身の去就について、「これから日本に帰って、(サッカー協会の)幹部の方と話してから決める。このことはチーム内で相談してから公表すべきだと思う」と、話したうえで、「大会を通しての感想だが、敗退したということで(日本に)帰らないといけない。解決すべき課題が1戦目(コートジボワール戦)と2戦目(ギリシャ戦)にあって、その課題に関しては3戦目(コロンビア戦)では応えたつもり。先に進む可能性があったので全力を尽くしたが、グループCで最強のチーム(コロンビア)に対して、うまくいかなかった」と、話した。

 そしてコロンビア戦について、「全体的に見ると、かなり良くプレーできた。特に前半は。強力な対戦相手であっても、我々が通常しているような濃密なプレーができれば、勝つ可能性があったことを示すことができた」と、振り返った。

 また、グループリーグ3試合を通じて攻撃が不調だった要因について、「いくつかの要因があり、その組み合わせでこのようになった。アプローチが良くなかった。私もメンバーも、技術的にも戦術的にも、良いプレーができると信じていた。しかし体力的には、もっとできたのではないかと思う」と、コメント。本田圭佑の不調についても問われ、「その点については同意しない。本田は非常に良くプレーした。チームの中で最もフィジカル勝負ができており、ボールをキープできていた。常に2、3人の相手がいたので、他の選手にスペースを与えることもできた。チームに貢献できたと思う。私は、各選手が個人でどれぐらいできたかというより、チームに何を貢献したかを見ている」と、答えた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA