FOLLOW US

GL3試合で力の差を痛感した吉田麻也「本当に自分の力不足」

コロンビア戦にフル出場した日本代表DF吉田麻也(右)[写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が24日に行われ、日本代表とコロンビア代表が対戦。コロンビアが4-1で勝利し、3連勝でグループリーグ首位通過を決めた。敗れた日本は1分2敗のグループ最下位で2大会ぶりにグループリーグで姿を消すこととなった。

 同試合にフル出場した吉田麻也は試合後、「今日みたいな勢いを持って、初戦からプレーしたかったなというのが正直なところです」と打ち明けると、GL敗退という結果に対し「足りない部分が多いと3試合を通して感じた。チームとしてひとつのパターンが崩れたときにうまくいかなかったし、中盤でボールをキープできる選手が少ないと思ったけれど、基本的に裏はすごく効いていたと思うし、だから何をしていけばいいのか今はまったくわからない。勝つことに対してチームとして何をすればいいのか…。本当に自分の力不足ということしか答えられない」と語った。

 さらに、「自分に足りないものを身につけていかないといけないし、ワールドカップではまだまだ成長しないといけないと思わされた。個の能力といえばそれまでだけど、戦い方の問題じゃないと思うし、チームがというよりは自分に対してがっかりしている気持ちしかない。今後振り返ったときにどう思うかはわからないけど、現時点では自分が力になれなかったという思いだけ」と今の心境を明かしている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA