FOLLOW US

大久保、コロンビア戦でのチームの出来に手応えも「初戦からできずに悔しい」

コロンビア戦を振り返った大久保 [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が24日に行われ、日本代表とコロンビア代表が対戦。コロンビアが4-1で勝利し、3連勝でグループリーグ首位通過を決めた。敗れた日本は1分2敗のグループ最下位で2大会ぶりにグループリーグで姿を消すこととなった。

 試合後、日本代表の大久保嘉人は、以下のようにコメントしている。

――今日は戦う姿勢がすごく出ていたように思います。

「戦う姿勢を絶対見せなきゃいけないと思っていたし、勝たないといけないというのもあったので、みんな気持ちが入っていた」

――前半も後半も決定的シーンがありました。

「前半はディフェンスが何枚かいて、こっちの攻撃的な(香川)真司とか岡崎(慎司)が中にいたので、あわよくばそこに当たるようにと思ってそっちにシュートを打ちました。2本目の後半のシーンも、先にディフェンスの前に入りましたが、すごく悔しい外し方でした」

――3試合の中でコロンビア戦が一番中央の崩しが良かったが、何が一番変わりましたか?

「まず、勇気というのは一つ大事になりますし、そこでもし取られても切り替えてまた取り返すという気持ちもありました。そういうのを初戦からやれなかったことが、今は悔しいです」

――世界のサッカーと一番違うというところは?

「体の大きさとかは違いますが、日本人には俊敏性があります。それと試合のやり方、運び方だったり、そういうのはこの3試合で感じました」

――枠に飛ばす確率にも違いがあったと思いますがいかがですか?

「それも絶対あると思いますけど。そうですね、プレスの掛け方だったりとか。そういうのは見ていて、『楽なんだろうな』と感じます」

――強化試合で良い結果を残して本大会に入りましたが、本大会では何が変わっていったと思いますか?

「今日みたいに、中に縦パスを入れてサイドにいく。それが1戦目、2戦目では全くできていませんでした」

――縦パスが入らないと攻撃が単調になりますよね。

「サイドではめられるばかりなので。やっていて難しいなと感じました。あとは一人ひとりの距離感ですね」

――現在の心境はどうでしょう。

「今はボーっとしているような感じですね」

――また4年後にW杯がありますが、日本のサッカーは今後、どのようなことをしていったほうがいいと思いますか?

「4年間の持って行き方が大事だと思います。前回大会のメンバーよりも良いと言われてもこういう戦いになりました。そこまでの持って行き方はすごく大事になりますね」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO