FOLLOW US

W杯GL敗退決定の日本、長谷部「主将として責任感じる」

コロンビア戦にフル出場した長谷部 [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第3節が24日に行われ、日本代表とコロンビア代表が対戦。コロンビアが4-1で勝利し、3連勝でグループリーグ首位通過を決めた。敗れた日本は1分2敗のグループ最下位で2大会ぶりにグループリーグで姿を消すこととなった。

 試合後、日本代表の主将を務める長谷部誠は、以下のようにコメントしている。

――現在の心境は?
「自分たちの力不足だと思います。それ以上でもそれ以下でもないと思います」

――主将として今日のチームメイトはどう見えた?
「選手、コーチングスタッフ、監督もそうですけど、全てのこのチームに誇りを持っていますけど、結果が出なかったので、応援してくださった方には本当に申し訳ない気持ちです」

――この4年間は?
「結果が全ての世界ですから、この4年間のためにやってきて、こうして結果が出なかったっていうのは、キャプテンとして非常に責任を重く感じています」

――未来へつながるサッカーを見せたいと言っていたが?
「結果が出なかったというのが全てなんですけど、日本のサッカーが継続して、未来に向かって、同じプランを描いてやっていくことが大事だと思うので、そういう部分では少しは見せられたと思いますけど、この大会を通してという意味では非常に残念だったと思います」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA