2014.06.21

帰ってきた「ギリシャの芝男」がぶっちぎりの1位/Google 検索ワールドカップ

日本戦で退場したカツラニス[写真]=Getty Images

 ギリシャ戦。グループリーグ突破に向けて石にかじりついても砂漠にはいつくばっても勝ち点3が欲しいザックジャパンは、コートジボワール戦に続いて大迫勇也を1トップに起用。検索ワールドカップ的には、良いプレーをしてもミスをしても、おそらく「大迫半端ないって」などが、かなりの検索数を集めていたと思われる。ところが、38分に一変する。
 
 38分、既に1枚のイエローをもらっているコンスタンティノス・カツラニスが、長谷部をやや後方から倒し、2回目の警告で退場処分に。すると「コンスタンティノス・カツラニス」の検索件数が急激な伸びを見せ、「ああ、4年前の芝男か」と南アフリカでの韓国戦を思い出した人は多いだろう。その芝男・カツラニスの検索件数がトップで前半を終える。(※芝男とは……南アフリカW杯、ギリシャ対韓国戦。自らのシュートでえぐれたピッチの芝を元に戻したカツラニスの行動が韓国国内で評判となり、「ギリシャの芝男」として一躍評判になった件)

 後半に入ると、数的優位の日本はアタマから長谷部に代えて遠藤保仁を投入。ポゼッションしながらゴールを狙おうよ、という意図だろうか。

 それでも得点が奪えないでいると57分、ザッケローニ監督は大迫に代えて香川真司も送りこみ、攻撃のさらなる活性化を図る。77分の本田圭佑のFK、78分の内田篤人が演出した決定機など、得点の予感が高まってきたことで、あるいは香川、本田、内田への希望的検索で、後半の検索件数トップ3はこの3人であった。

 結局、最後まで10人のギリシャ相手に終始ボールを支配し、70%のポゼッションを得ながらも、スコアレスドロー。検索ポゼッションもランキングの2位以下に内田、大迫からはじまり8人の選手、さらにはザッケローニの名前まで並べて、つまり90%を支配しながら、1位をカツラニスに譲るという結果になった。
 
最も検索された選手(日本国内で日本vsギリシア戦前半)
1. コンスタンティノス・カツラニス
2. 大迫勇也
3. 内田篤人

最も検索された選手(日本国内で日本vsギリシア戦 後半)
1. 内田篤人
2. 本田圭佑
3. 香川真司

最も検索された選手(日本国内で日本vsギリシア戦中)
1. コンスタンティノス・カツラニス
2. 内田篤人
3. 大迫勇也
4. 本田圭佑
5. 長谷部誠
6. 香川真司
7. 大久保嘉人
8. 遠藤保仁
9. 吉田麻也
10. ザッケローニ

 これで日本代表は自力でのグループリーグ突破が消滅し、グループ首位のコロンビアから勝ち点3を獲得したうえで得失点差でライバル国を上回る必要が生じてきた。厳しい現状に追い込まれているが、ギリシャ戦は日本時間で平日の7時キックオフだったにもかかわらず、初戦(vs.コートジボアール/日曜10時キックオフ)よりもワールドカップ関連の検索が約1.2倍に増えたらしい。

 そして沸々と盛り上がっているサポーターは、勝利が最低条件となった対戦国コロンビアについての検索を着々としているようで、試合前にそのランキングは「Google Japan Google+」(https://plus.google.com/explore/JPTrends)や「Google Japan 公式ツイッター」(https://twitter.com/googlejapan)で公開予定だとか。

 また、日本だけではなく、W杯のさまざまな検索にまつわる小ネタはこちらから。メヒコのGK、スーパーゴールを決めたフライングダッチマンの検索件数が、えらいことになっているらしいです。
「World Cup Google Trends」(http://www.google.com/trends/worldcup#/ja/)

文/竹田聡一郎

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る