2014.06.20

GL2戦を終え勝ち点1も、山口蛍は「可能性があるなら諦めたくない」

諦めないと誓ったMF山口 [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が19日に行われ、グループCでは日本代表とギリシャ代表が対戦した。ギリシャのDFコンスタンティノス・カツラニスが38分に退場したことで数的優位に立った日本は、ボールを支配して試合を優勢に進めたものの、最後までギリシャゴールを割ることができず、スコアレスドローに終わった。

 試合後、記者団の取材に応じたMF山口蛍は、「結果は残念ですが仕方ないです。次の結果次第では、突破もあるので、切り替えるしかない」とコメント。

 ギリシャが前半に退場者を出して、数的優位となりながらも、得点を奪えずのドローとなった要因については、「前半は縦パス入れて、何度か崩すことができていて、その間に決めておきたかった。相手が10人になって、完全に引かれてからは、単純なクロスが多くなって、後半は何もできなかった」と、語った。

 グループリーグ第2節を終えて、勝ち点1と難しい状況だが、「少しでも可能性があるなら、あきらめたくはない。そこまで疲労もないし、しっかり準備して、次は勝ちたい」とグループリーグ最終節となるコロンビア代表戦を見据えた。

 日本は24日、2連勝で決勝トーナメント進出を決めたコロンビア代表と対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る