FOLLOW US

吉田麻也、ギリシャの守備に対し「縦パス常に狙われて、怖かった」

ギリシャ戦を振り返ったDF吉田 [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が19日に行われ、グループCでは日本代表とギリシャ代表が対戦した。ギリシャのDFコンスタンティノス・カツラニスが38分に退場したことで数的優位に立った日本は、ボールを支配して試合を優勢に進めたものの、最後までギリシャゴールを割ることができず、スコアレスドローに終わった。

 試合後、記者団の取材に応じたDF吉田麻也は「向こうも10人で引いていて、難しかった」とコメントした。

「僕らのペースだと思っていたけど、10対11になって、彼らはさらに引くようになった。もともとの戦術もあるし、それがギリシャの戦い方なんだと思う」

 リズムが作れなかったのでは、との問いには「縦パスを狙っているのが分かりました。横、横、ときた後の縦パスは常に狙われていて、前半のうちは怖かったですね」と、ギリシャの守備の印象を語った。

 日本の第3節は24日、2連勝で決勝トーナメント進出を決めたコロンビアと対戦。ギリシャは同日にコートジボワールと対戦する

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO