2014.06.20

遠藤保仁、ギリシャ戦スコアレスドローに「W杯は常に難しいです」

W杯の難しさを語ったMF遠藤 [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が19日に行われ、グループCでは日本代表とギリシャ代表が対戦した。ギリシャのDFコンスタンティノス・カツラニスが38分に退場したことで数的優位に立った日本は、ボールを支配して試合を優勢に進めたものの、最後までギリシャゴールを割ることができず、スコアレスドローに終わった。

 初戦のコートジボワール戦に続き、後半から途中出場したMF遠藤保仁は試合後、記者団のインタビューに応え、「どの試合も簡単には勝たせてはくれない」と、コメントした。

 そして自身3度目のワールドカップ出場となる遠藤は、グループリーグ第2節までを終え、1分1敗という結果に、「ワールドカップは常に難しいです。次の試合も、もっと厳しいものになると思いますけど、まだまだ冒険は続けたい。このままではみんなが消化不良になるから、そうならないように、今やるべきことをしっかりとこなしながら、チームの雰囲気を良くしていきたい」と話し、グループリーグ最終節となる、コロンビア代表との対戦を見据えた。

 日本は24日、2連勝で決勝トーナメント進出を決めたコロンビアと対戦。ギリシャは同日にコートジボワールと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る