2014.06.20

引き分けを悔やむ長友佑都、数的優位は「正直やりにくかった」

長友佑都
スコアレスドローを悔やんだ長友佑都 [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が19日に行われ、グループCでは日本代表とギリシャ代表が対戦した。

 フル出場した日本代表DF長友佑都は試合後、「悔しいです。残念です。これだけ攻めて、チャンスを作りながら勝ちきれないというのは、もったいない試合をしたなと」と、スコアレスドローを悔やみ、「相手が11人の時でも自分たちのサッカーをして、前からプレスに行って、良い流れでできていた。入りも試合全体の流れも、明らかにコートジボワール戦よりも良かったと思うし、みんなの気持ちも入っていた。そこはポジティブなところだけど、サッカーは点を取らないと勝てないので。自分たちで自爆したなと。点を取らないと勝てない」と、話した。

 両サイドからのクロスボールが何度も供給されながら、無得点に終わったことについては、「ビッグチャンスも作れていたし、(アルベルト・ザッケローニ)監督が、サイドを使っていけということで後半入っていったので。ただ、それは(クロスを)上げる選手と、中の選手のタイミングもあるし、これからの3日間で、コロンビア戦に向けて突き詰めていかないといけない部分かなと思う。代表はサイド攻撃が強みでずっとやってきたので、最終的な部分、クロスにどういう形で入っていくのか、何人入っていくのかというところを突き詰めていきたい」と、話した。

 また、相手が前半途中で数的不利となったことについて問われると、「余裕を持っているというよりも、センターバックのところを捨てて守備に徹していたので、あのようになると逆にやりにくくなったというか。11人の方が逆にやりやすくて、10人の時の方が正直、やりにくかった。相手はあれだけ引いて、ドローで良いという状態で来ていたので、逆に難しくなったと思う」と、振り返った。

 日本の第3節は24日、2連勝で決勝トーナメント進出を決めたコロンビアと対戦。ギリシャは同日にコートジボワールと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る