FOLLOW US

悔しさを滲ませる大迫勇也「決めるべきところで決めなければ」

ドリブル突破を図る大迫勇也(左) [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が19日に行われ、グループCでは日本代表とギリシャ代表が対戦した。

 2戦連続で先発出場した日本代表FW大迫勇也は、「決めるチャンスはあったし、力不足だと思います」と、話したうえで、「決めるべきところで決めなければ、あのような結果になってしまいますし。しっかりと決められるように、努力したいと思います」と、無得点への悔しさを滲ませた。

 コートジボワール戦との比較を問われると、「試合内容は良くなっていると思いますし、意識も良くなっていると思います。あとは前の選手が決めるかどうかという試合だった。責任を感じています」と、コメント。数的不利のギリシャを崩せなかった要因については、「スペースがない中で、相手の気迫に負けたというところがあると思うし、そこで上回ることができれば違う展開になったと思います」と、振り返った。

 グループリーグ第3節のコロンビア戦に向けては、「(グループリーグ突破の行方は)全然わからないですし、勝てばチャンスは高くなると思う。最高の準備をして最高の結果を出すために全力を尽くしたいと思います。今日やって思いましたけど、ゴール前が一番肝心ですし、そこの連係をもっと詰めて、もっと良くなると思うので、決めきることができるように練習したいと思います」と、抱負を語った。

 日本の第3節は24日、2連勝で決勝トーナメント進出を決めたコロンビアと対戦。ギリシャは同日にコートジボワールと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA