2014.06.20

日本のGL突破には最終節勝利&コートジボワールのドロー以下が絶対条件

香川真司
スコアレスドローに終わり、ひざに手をつく香川(左)と長友(右) [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が19日に行われ、グループCでは日本代表とギリシャ代表が対戦。日本はボールを支配し、ギリシャに退場者が出たため、数的優位も得たが、最後まで得点を挙げることはできず、スコアレスドローに終わった。

 グループリーグ第2節までを消化し、勝ち点1の日本は3位となっている。

■グループC第2節終了時順位表
1位 コロンビア(勝ち点6/得点5/失点1/得失点差4)
2位 コートジボワール(勝ち点3/得点3/失点3/得失点差0)
3位 日本(勝ち点1/得点1/失点2/得失点差-1)
4位 ギリシャ(勝ち点1/得点0/失点3/得失点差-3)

 最終節はコロンビア対日本、コートジボワール対ギリシャの組み合わせとなっており、コロンビアのグループ突破は決定した

 日本はグループ突破のためにはコロンビア戦の勝利が絶対条件。加えてギリシャがコートジボワールに勝つか引き分けなければならない。

■ギリシャ勝利の場合
 日本とギリシャが勝ち点4で並び、得失点差での勝負となる。得失点差でも並んだ場合は総得点、当該チーム同士成績、抽選の順で決める。

■ギリシャ引き分けの場合
 日本とコートジボワールが勝ち点4で並ぶが、当該チームの成績ではコートジボワールが上回っているため、得失点差(もしくは総得点)で上回る必要がある。コートジボワールが引き分けの場合、得失点差は「0」で変わらないため、日本はコロンビアに2点差以上の得点差をつけて勝利しなければならない。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
3pt
チェルシー
3pt
ボーンマス
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る