2014.06.20

無得点で引き分け…本田圭佑「結果が全て。ただただ悔しい」

本田圭佑
本田圭佑がスコアレスドローを振り返った [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が19日に行われ、グループCでは日本代表とギリシャ代表が対戦した。

 試合後、日本代表FW本田圭佑は、「当然、自分たちは2勝しか(決勝トーナメントへ)行ける術はないと思って挑んでいた試合なので。相手のゴールを割れずに非常に残念ですし、ただただ悔しいですね」と、スコアレスドローを振り返り、「結果が全てなので。勝ち点3を取れなかったことが、何よりも悔しいです」と、話した。

 無得点に終わった要因については、「自分たちの精度にも問題はあったし、ギリシャも引き分けることで、次(の試合)で勝てば行ける(可能性がある)ということで、引き分けで良かったという考え方で、それにハマってしまった。それを打ち破ることができなかった」と、話し、「最後まで、諦めずにやりたいと思います」と、次戦を見据えた。

 日本の第3節は24日、2連勝で決勝トーナメント進出を決めたコロンビアと対戦。ギリシャは同日にコートジボワールと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
13pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る