2014.06.20

数的優位活かせず…ザック「決着をつけることができなかった」

ザッケローニ
選手に指示を出すザッケローニ監督 [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第2節が19日に行われ、グループCでは日本代表とギリシャ代表が対戦。0-0の引き分けに終わった。

 日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督は、スコアレスドローを以下のように振り返った。

 ザッケローニ監督は、「我々が今日やったことは、勝つためのもの。残念ながら達成できなかった。いくつかのチャンスは作れたが、モノにできなかった。もう少しチャンスを作れると期待していた。部分的にはできたが、継続性がなかった」と、コメント。「勝てるように、がんばってアグレッシブに最初からアタックしたけれど、我々の持ち味をしっかりと出せずに決着をつけることができなかった」と、話した。

 そして次戦に向けて、「勝負すること。今までと同じく、勝負をして勝つこと」と、抱負を語った。

 日本の第3節は24日、2連勝で勝ち点6、決勝トーナメント進出を決めたコロンビアと対戦。ギリシャは同日にコートジボワールと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
41pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
42pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
ユヴェントス
41pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る