2014.06.19

長友佑都が語る“自分たちのサッカー”…ギリシャ戦は「前へ前へ」

長友佑都
前日練習で長谷部(右)と話す長友(左) [写真]=Getty Images

 ギリシャ戦を翌日に控え、長友佑都が改めて“自分たちのサッカー”について語った。

「やっぱり、引いて守っても、結局は自分たちのいいところは出ないし、自分たちで自分たちの良いところを消すことになっちゃうから。だからやっぱり、積極的に前に出ていくというサッカーを、リスクを負ってでも前に出ていくサッカーをやっていかないと」

「もちろん、攻撃だけじゃなくて、守備でも積極的な守備をやっていかないと。腰が引けたような守備じゃなく、引いて守るんじゃなくて、どんどん前に行って取りにいく。(スペイン対チリの映像を指さしながら)チリが僕らがやるべきことを示してくれていますけど、やっぱり前へ前へ出ていく、相手がスペインだろうと恐れずにどんどん出ていっている。そういうサッカーじゃないと、僕らの未来は見えないですから」

(「初戦の敗戦で自分たちの戦い方は揺らいでいないのか」という内容の質問に対して)「一戦で崩れるようなら、今まで何やってきたのかって話になるし、サッカーってこういうもんだし、人生ってこういうものですから。とにかく、ポジティブに前に進むしかないですね」

「とにかく、もう後がないので。ただ、自分たちのサッカーをしないと結局は後悔いが残るので。だから、自分たちが今までやってきたサッカーをやるだけですね。(北京)オリンピックもそうですし、どちらかといえば、挫折のほうが多かったメンバーが揃っていますから、こういう時こそ、僕らの本領を発揮できるんじゃないかなと。自分たちがどんなメンタリティーで試合に臨むのか、自分でも楽しみな部分もありますね」

 決戦への準備は整った。日本代表の未来を見るためにも、今度こそ日本代表が自分たちのサッカーをピッチで表現してくれることを願う。そして、「挫折した時こそ、僕らの本領を発揮できるんじゃないか」という言葉に期待したい。

文・取材=岩本義弘

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング