FOLLOW US

敗戦から一夜、長友が心境明かす「今までないくらい悔しい思い」

長友佑都が心境を明かした [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節コートジボワール代表戦から一夜明けた15日、日本代表は試合会場のレシフェからベースキャンプ地のイトゥに戻り、夕方からトレーニングを行った。

 記者団の取材に応じたDF長友佑都は、コートジボワール戦を逆転負けで終えて、「悔しくてなかなか寝られなかった。なかなか難しい。昨日の試合を全て忘れるのは正直難しくて、この4年間、このためにやってきた部分があって」と、心境を明かし、「今までないくらい、相当悔しい思いをしているけど、過去を振り返っても何も変わらないので、前を向いてどれだけポジティブに進めるかだと思う」と、次戦を見据えた。

 練習前に行われた青空ミーティングの内容については、「詳しくは言えないけど、自分たちのサッカーができなくて、皆が悔しいと思っていると。過去を振り返っても何も変わらないから、チームとして自信を持って、今までやってきたサッカーを次の試合で必ずやろうという話だった」と、コメントした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO