2014.06.15

途中出場のFW大久保、ベンチから「プレスが緩く、いけると思った」

大久保嘉人
W杯コートジボワール戦に途中出場した日本代表FW大久保嘉人

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が14日に行われ、グループCではコートジボワール代表と日本代表が対戦。MF本田圭佑の強烈なシュートで先制するも、後半に逆転を許し、1-2で敗れた。

 試合後、記者団の取材に応じた日本代表FW大久保嘉人は以下のように語っている。

 後半22分から出場した大久保はまず、「前半はこっちペース。先に点を取ったし。でも後半になると絶対にああなるなって分かっていた」と試合展開について語った。「狙われているなっていう感じはあった」と、コートジボワールの左からの攻撃について警戒していたことを明らかにし、「ヤヤ・トゥーレに入ると、ドリブルで調子よく入っていくし、そこは危ないなって思ってた」と続けた。さらに、ベンチから試合を見ていて、「攻撃になると、あまりプレスに来ず、緩かったので、これはいけるなって外から見ていて思ったんですけど、2-1になると引くんで。1-1の場面で変えるべきだったかなって思いますね」と冷静に分析している。
 
 そして自身の交代時、ザッケローニ監督から大久保は「2回ぐらい呼ばれた。ちょっと待て」、と言われたことを明らかにしており、「最初はトップですね。3分ぐらいで左サイドに。でも最初、全然聞こえずに、みんな分かってなくて、岡崎が右なのに左に行ったりしてた」と、交代時に混乱していたことも言及した。

 今後の課題については、「まだ(試合が)あるし、課題はいっぱい出ましたね。ミスが前半から目立っていましたし。打ってもいいところでパスを出してミスになったりが多かったので、乗っているときはもっと打ってもよかったんじゃないかな」とコメントしている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング