2014.06.15

守りきれなかった先制点…逆転負けに長谷部「非常に悔しい敗戦」

長谷部誠
コートジボワール戦に出場した日本代表MF長谷部誠(左)[写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が14日に行われ、グループCではコートジボワール代表と日本代表が対戦。MF本田圭佑の強烈なシュートで先制するも、後半に逆転を許し、1-2で敗れた。

 同試合、先発出場したMF長谷部誠は、「監督は試合前から守備のやり方に関しては指示を出していて、前からいけるところは前からいって、相手がいい状態だったら後ろに下がってという指示はあった」と明かし、「失点シーンはセンタリングを簡単に上げさせ過ぎだし、悪い形でボールを奪われている。ラインどうこうというよりは、奪ったボールをもう少し自分たちが繋がないとずっと苦しい時間になるし、その時間帯が続けばラインも下がる。それはどこが悪いというより全部ですね」と試合を分析した。

 さらに長谷部は、「試合を通して自分たちのサッカーができたかというとそうではない。非常にこの敗戦は、負けたという事実も悔しいけど、自分たちが自分たちのサッカーを表現できなかったことが一番悔しい」と敗戦を悔やんだ。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る