2014.06.15

初戦で2失点敗戦も、DF吉田「ここで終わるようなチームじゃない」

吉田麻也
試合後コートジボワール代表FWドログバと握手する日本代表DF吉田麻也  [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が14日に行われ、グループCではコートジボワール代表と日本代表が対戦。MF本田圭佑の強烈なシュートで先制するも、後半に逆転を許し、1-2で敗れた。

 試合後、記者団の取材に応じた日本代表DF吉田麻也は、「動きもよくなかったですし、自分たちのサッカーも出来なかった。点を取ってからも、受け身になってしまったのも良くなかった」と試合を振り返った。そんな中でドログバが後半から入ってきたことについて聞かれると、「2トップ気味になったので、クロスでのエリア内の枚数が増えたこと、そこでのマークのずれがでてしまったことは大きかった。あとシンプルに中にボールを入れるようになったと思います」とコメント。「ミーティングでも、両SBがクロスをどんどんクロスを上げてくるっていう話はしていた」と、そのような状況を予想していたとするも、「ボールホルダーへのプレッシャー、僕のポジショニング、真ん中のマーク、そのようなミスや、1つ1つのズレが失点に繋がったんじゃないかって思いる」と失点について分析し、「いろんな状況が出るのがサッカーで、ゲームの中で自分たちで解決しないことには」と対応力に課題があることを示唆した。

 しかし、「次は自分たちのサッカー、形を出さなければ、自分たちはこんなのんじゃないと思っているし、ここで終わるようなチームじゃないと思っている」と、次戦にむけて、力強く語っている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る