FOLLOW US

後半投入の遠藤、監督の指示は「コンパクトに、ボールを散らして」

コートジボワール戦で途中出場した日本代表MF遠藤保仁(中央)[写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が14日に行われ、グループCではコートジボワール代表と日本代表が対戦。MF本田圭佑の強烈なシュートで先制するも、後半に逆転を許し、1-2で敗れた。

 後半、途中出場したDF遠藤保仁は、「監督からもしっかりと極力コンパクトにして、うまくボールを散らすようにとは言われていた」と明かし、「ただ、どうしても疲れが出始める時間帯だったんで、間延びする時間が多かったかなっていう気がする。相手もそれを狙っていたと思うんで、そこでうまくコントロールできなかった」と試合を振り返った。

 遠藤は次のギリシャ戦を見据え、「ギリシャの攻撃面、守備面を全て見直して、自分たちの形をもっと出すようにしたい。それが一番だと思いますし、今日の試合ではそんなにできなかったので。それを出したときに初めて相手に脅威を与えられると思う」とコメント。「もちろんポジショニングのミスとかもあったと思いますから、細かいことだとは思いますけど、そのへんもしっかりと話し合いながら。日にちは少ないですけど、しっかりやっていきたいと思います」と続けた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO