2014.06.15

敗戦を振り返る長谷部誠「自分たちのサッカーを表現できなかった」

長谷部誠
先発出場した長谷部誠(左)が敗戦を振り返った [写真]=Getty Images

 ブラジル・ワールドカップのグループリーグ第1節が14日に行われ、グループCではコートジボワール代表と日本代表が対戦。日本は本田圭佑が先制点を挙げたが、後半に逆転を許し、1-2で敗れた。

 試合後、MF長谷部誠は以下のように敗戦を振り返った。

 長谷部は、「非常に厳しい敗戦だと思います。相手が良かったというよりも、自分たちのサッカーをこのピッチで表現できなくて負けてしまったので。グループリーグはあと2試合あるので、切り替えていかないといけない」と、コメント。足りなかった部分を問われ、「非常に難しいところですけど、こういう大舞台で自分たちのサッカーを表現する部分で、準備ができたと思っていましたけど。そういうところが表現できなかったという部分で、まだまだ未熟だということだと思います」と、話した。

 雨や湿度については、「相手も一緒なので」と、話し、「個人としても納得できるプレーじゃなかった」と、振り返ったうえで、「中4日、チームみんなでもう一度最高の準備をして、一丸となって切り替えてやっていきたいと思います」と、次戦を見据えた。

 日本代表のグループリーグ第2節は19日、初戦でコロンビアに0-3で敗れたギリシャと対戦する。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る