FOLLOW US

コートジボワール戦前にザック「フィジカルはそれほど重要ではない」

コートジボワール戦について語った日本代表のザッケローニ監督  [写真]=Getty Images

 日本代表は、ブラジル・ワールドカップの初戦となるコートジボワール代表との対戦を、14日に迎える。同試合を翌日に控えて、日本代表を率いるアルベルト・ザッケローニ監督が記者団の取材に応じている。

 ザッケローニ監督は、同試合のスターティングメンバーについて、「基本的にはすでに決っているが、まだ時間はあるので、もう少し考えたい。明日は特に重要な試合なので、早くすべてを決めればいいというものではない」と語っており、どのポジションで悩んでいるのかと問われると、「さらに詰めないといけないことは、どのプレーヤーがベストかということだ。誰が選ばれてもおかしくない中で、誰がベストかについては、最後の最後まで決めないようにしている」と答えている。

 また、初戦に向けて、「選手の状態は良好だと感じている」とコメントした同監督は、対戦相手のコートジボワール代表について、「強みを強調して弱み隠すということは、どのチームも行う。コートジボワールは、フィジカルだけでなく、持っているものすべてを出すだろう。もちろん、我々としてはストロングポイントを強調することになる。そうすることで、成果を見せることができるだろう。多少はフィジカルには苦労するだろうが、我々にとってそれほど重要なものではないと考えている。コートジボワールに対してベストを尽くしてくれると信じている」とし、アフリカ特有のフィジカルの強さへの対処よりも、日本代表の強みを最大限出すことが大事だと指摘している。

 さらに、ザッケローニ監督は、12日に行われたワールドカップ開幕戦のブラジル代表とクロアチア代表の試合で、議論となっているPKの判定については、「(ジャッジはより)寛大であるべきではないかと思っている。非常に技術力の高い選手がいるので、(PKの判定となったようなシーンは)気をつけないといけない。とはいえ、ワールドカップでは優れた審判団がそろっているので、私としてはそんなに心配していない」と語っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO