2014.06.13

日本のW杯初戦、コートジボワール戦主審が決定…チリのオッセス氏

オッセス
2013年のコンフェデ杯準決勝、ブラジル対ウルグアイを裁いたオッセス主審(中央) [写真]=Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)は12日、ブラジル・ワールドカップ、グループリーグのグループCおよびグループD第1節各試合の担当主審を発表した。

 14日に行われる日本代表のワールドカップ初戦、コートジボワール戦はチリのエンリケ・オッセス主審が裁くこととなった。現在40歳の同氏は、2005年から国際審判としてのキャリアをスタート。2011年のコパ・アメリカや、2010年南アフリカ大会と今大会のワールドカップ南米予選で主審を担当。2013年のコンフェデレーションズカップでは準決勝のブラジル対ウルグアイ、グループリーグのメキシコ対イタリアの2試合を裁いている。

 また、同じくグループCのコロンビア対ギリシャはアメリカ人のマーク・ガイガー氏が主審を担当。グループDのウルグアイ対コスタリカはドイツのフェリックス・ブリッヒ氏、イングランド対イタリアはオランダ人のビョルン・カイパース氏が担当する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る