2014.06.10

リオ五輪を目指すU21は真面目? 手倉森監督「ダジャレが待たれてない(笑)」

合宿初日の手倉森ジャパンの集合写真【写真】=川端暁彦

 6月9日、2016年のリオ五輪を目指すU-21日本代表が大阪府内での強化合宿をスタートさせた。DF岩波拓也(神戸)、植田直通(鹿島)、MF大島僚太(川崎F)、野津田岳人(広島)、FW鈴木武蔵(新潟)らが参加する同合宿は11日までの3日間にわたって実施される。

 今回の合宿参加25名の内、約半数に当たる12名は直前の8日にJ3リーグ戦に臨んでいたJリーグ・アンダー22選抜のメンバーとなる。このため、「選手には『(二つの活動に)メリハリを付けろ』とは言っているが、監督としてはつなげて考える必要があると思っている」と手倉森誠監督が語ったように、通常とは少し異なるムードでの合宿となった。

 初日の9日はJ3のゲームに出ていた選手たちは、ウォーミングアップと体幹トレーニングを終えた後は、基本的にランニングやストレッチなどのリカバリーメニュー。それ以外の選手たちが手倉森監督の指揮下、精力的に練習をこなすこととなった。

 まずは四角形に区切ったエリアでのパス練習。ツータッチでボールを動かす形が基本だが、必ず出した後に動いて別の頂点へ移動する形で体を動かす。ワンツーの形を取り入れるなど徐々に動きを複雑にしていく。それを終えると、今度は3人1組となったトライアングルから縦にボールを入れて、縦のワンツーと追い越しを組み合わせてボールを運んでいく練習をこなした。その後は5対5を基本として変化を加えた“鳥カゴ”(ボールを回して、それを奪い合う練習)、そして人形を[4-4]のブロックを組む形で立てて、ビルドアップからフィニッシュまで持ち込む練習と続いた。最後は7対7(GK含む)でのミニゲーム。鈴木が豪快なシュートを放てば、岩波が強気のビルドアップとミドルシュートを狙うなど、それぞれの個性が見え隠れする内容で、約90分のトレーニングを終えた。

 岩波はこの合宿について「代表で集まれる時間は少ない。この3日間でどれだけアピールできるかだと思っている。自分のチームで試合に出ているからと言って、選んでもらえるわけじゃない」と語っていたが、その言葉どおりの集中したプレーぶりを披露した。彼のような周囲から一目置かれる選手がこういった姿勢を示せば、自然と練習内容も引き締まる。ぜひ継続してもらいたいところだ。

 手倉森監督はこの世代の選手の印象について「非常に真面目。話を聞く態度もピシッとしている」とコメント。「『(監督が)いつダジャレを言ってくるか……』と構えている感じじゃない」と笑った上で、「しっかりこちらの話が通るし、すでに集団性、まとまりがある」と評価する。「まだドングリ(の背比べ)のようなチームで、誰中心と言い切れるチームではないけれど、このまとまりで大会に挑めるなという感覚はある」と早くも手応えを得ている印象だった。

Jリーグ順位表

川崎F
57pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
69pt
大分
66pt
町田
65pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
56pt
鹿児島
45pt
沼津
44pt
Jリーグ順位をもっと見る