2014.06.05

ブンデス公式サイトが1860ミュンヘン所属の日本代表FW大迫勇也を紹介

2日のコスタリカ戦で先発出場を果たしたFW大迫勇也 [写真]=Getty Images

 ドイツ・ブンデスリーガは4日、1860ミュンヘンに所属する日本代表FW大迫勇也をブンデスリーガ2部所属のスター選手として公式サイトで紹介した。

 ブンデスリーガは、2部リーグに所属する選手でブラジル・ワールドカップに臨む各国代表のメンバーに選出された5名をコメント付きで紹介。その中で、大迫と日本代表について次のように掲載した。

「この冬にJリーグの鹿島アントラーズから移籍してきた大迫勇也は、ドイツの首都を拠点とするクラブで、時間を無駄にすることはなかった。シーズン後半戦で15試合に先発出場した24歳のストライカーは、6ゴール3アシストを記録。彼はマインツに所属する岡崎慎司の同胞だ。日本は3日にワールドカップ強化試合のコスタリカ戦に臨み、後半に効果的なプレーを見せると、3-1で勝利を収めた。この試合で日本は、グループCでも注目されるべき1カ国であることを証明した」

 また大迫の他に紹介された選手は、デュッセルドルフ所属のコートジボワール代表MFマティス・ボリとオーストラリア代表FWベン・ハロラン、FSVフランクフルト所属のオーストラリア代表FWマシュー・レッキー、アーレン所属のボスニア・ヘルツェゴビナ代表GKヤスミン・フェイジッチとなっている。

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る