2014.05.28

W杯前、国内最終戦で勝利のザック「『行ってきます』というメッセージ」

ザッケローニ
W杯前、国内最終戦を勝利で終えたザッケローニ監督 [写真]=野口岳彦

 「キリンチャレンジカップ2014」が27日に開催され、日本代表がキプロス代表と対戦した。試合は、太ももの負傷から公式戦約4か月ぶりの復帰戦となった内田篤人が前半終了間際に決めた先制点を決め、日本代表が1-0で勝利した。

 日本代表を率いるアルベルト・ザッケローニ監督は試合後、同試合について、以下のようにコメントしている。

――試合の総評と、ワールドカップに向けて修正するべき課題は見つかったか?

「今日の試合は、当然指宿の合宿でフィジカルトレーニングをやってきたので、キレや輝きを求めることはできなかった。身体が重い状態だったから、頭のキレのところがどういう風に機能するのかを見たかった。その点に関しては非常に満足している。今日の対戦相手はうちがボールを持った時はかなり引いてきて、逆に相手がボールを持ったときには、ロングボールを放って裏のスペースを狙って、うちを間延びさせようという戦い方をしてくる。そういう相手に対し、頭のキレがなければ、今日のような対応はできなかったと思う。チームはトライをしてくれたと思うし、何本かシュートを打ってチャンスも作ってくれた」

「前半開始直後にいくつかロングボールから裏を取られる場面があったが、それ以降は柔軟に対応できたのかなと思う。当然、今日の試合ではワールドカップでやるスピードがあるとか、そういうことを求めても仕方ないということは頭に中にあったし、頭のスピード、つまり判断力を重点的に見ていきたかったことがひとつ」

「もうひとつは、ワールドカップに行く前の国内最後のゲームということで、この埼玉スタジアムでは、この4年間でたくさんの成功と素晴らしいゲームがあり、サポーターの方々ともここで喜びを分かち合えたという思いがあるので、ここで試合をして、「行ってきます」というメッセージを発信したかった。このスタジアムではフレンドリーマッチは2試合しか行わなかった。初戦となったアルゼンチン戦、そして今日、最後となるキプロス戦。それ以外は、ワールドカップ予選などの大切な試合で、このスタジアムを選んできた。そして、この場所で今のポジションを勝ち取ってきた。ここではすべての試合に勝っている。唯一、オーストラリア戦は引き分けたが、あれは自分の中では勝ちに等しいと思っている。この4年間で私のことをみなさんも見てきて、よく知っていると思うが、結果を約束するタイプではなく、結果を出すための努力を約束するタイプの人間である」

――ワールドカップで具体的な目標はあるのか?

「チームのレベルを高めていかねばならない。また、その努力をしていかなければいけないと思っていて、それをした上で具体的な目標を決めていこうと思っている。そのサイズに合った目標をチームに与えていこうかなと思っている。個人的には、このチームのことを非常に信頼しているし、フィジカルというよりスピードが上のチームに仕上がっている。具体的に準備を進めながら目標を設定したいと思っているし、当然ワールドカップで、相手の力量を見ながらそういうことを考えていかなければいけないと思うが、できるだけ前に行こうという気持ちでいる」

「今日、けがで離れていた3選手が復帰したが、内田、吉田、長谷部の3選手のパフォーマンスには非常に満足している。今日のゲームでは時間制限を設けて臨んだが、あと2試合あるから、もう少しずつその時間を伸ばしていけることができればと思う。当然、日々のトレーニングや状況、経過を見ながら、それを把握しながら6月14日の初戦に100パーセントで臨めるような準備をしていきたいと思っている」

――今日の試合を見て、これまでの準備が非常に上手くいっていると感じたが、今後さらに何を積み上げて大会に臨みたいのか?

「スピード感というものが、当然今日は出なかったわけで。それは想定内であったが、それは相対的なフィジカルコンディションにイコールされるのがスピード感だと思うので、それは今後上げていくことになる。隠すことなく話をすると、このチームの作り方は、個のクオリティとスピードに乗った技術を前面に出したサッカーをしていきたいと思っている。球際で、フィジカルで押しこむようなサッカーは目指さないし、できないということもあるので、自分たちの特長を生かせていければと。あくまでも監督のアイディアと考えている」

―後半に長谷部と吉田を投入するときに、遠藤と今野を交代させた。これは予定通りだったのか。今日は山口と森重の出来がすごく良かったが、今日の試合に関しては彼らが実力でフル出場を勝ち取ったと言えるのか?

「ゲーム前から交代のことは頭にあった。遠藤に関しては、リーグ戦でもずっとやってきているので、そういう意味では試合勘をここでさらにやらせる必要ないと考えた。当然、長谷部に45分やらせたいという気持ちがあった。それに加えて、山口はここでさらにインターナショナルでの経験やチームに合わせる時間を与えようと考えていた。最後の長友の交代以外は、ゲーム前からプログラムしていた交代のチョイスだった」

――本田は、いつものキレがなかったように感じたが、彼を90分間使った理由は?

「本田と香川に関しては、チームでの出場機会が限られていたので、そういう意味では今日、フルに出したいと思っていた。パフォーマンスがどうだったかに関しては、当然今日のところは長い目で見ていかないといけない。今日がゴールではないので、今後のことを考えて90分使った」

―大久保が相手の最終ラインと中盤の間に上手く入ってボールを受けることでチームを活性化させていたと思うが評価は?

「ハーフタイムに柿谷に、そういう指示を少し出していたが、やはりセンターFWは止まってはいけないということを話していて、裏に抜けるのか、もしくは自分が引いて味方にスペースを作るのか、そういうことはハーフタイムに指示を出していた」

――ミーティングが長かったようだが、今日で一旦解散する前に監督は何を話したか? 前半の27分にあたりに内田と監督が話していたが、どういうアドバイスをしたのか?

「内田に関してそのタイミングでどういう話をしたかは、今は覚えていないが、確実に言えることはそのアドバイスのおかげでゴールを決めたということはない。試合の後に出てくるのが長かったというが、ゲームに出ていないメンバーがピッチに残ってトレーニングをしたので、彼らを単純に待っていて、そのトレーニングが終わってから一回ここで締めて、また成田で会おうという挨拶をしただけ。なので、ゲームに出ていないメンバーも非常に疲れてロッカールームに帰ってきた」

――大久保が今後担うべき役割やプレースタイルはどういったものになるとイメージしているか?

「大久保だけでなく、前線のメンバーはみんなスピードを持っていると思っていて、それは岡崎であり、柿谷であり、清武であり、香川であり、大迫であり、大久保、斎藤である。なぜなら、それは技術とスピードがあるメンバーを選んでいる。前線のメンバーはそういう特長をみんな持っているが、当然ゲームの流れや展開に応じて、得意な場面とそうでない場面がそれぞれ出てくるので、それらを見極めながら前線のメンバーを使っていきたいと思っている」

――GKに関して、今後他の選手を使うことはあり得るのか?

「1試合目のところに集中していたが、2試合目3試合目を考えたときに、その可能性は十分にあると思っている。6月14日のワールドカップ本番に向けて、1試合目に向けて作っていかなければならない。トライをしていかなければいけないので可能性はある。今日はMF、ディフェンスライン、前線のメンバーもいじったので、残りの2試合に関してGKというポジションだけが例外にはならない。当然、監督としては今日のように、入ったメンバーがポジティブなパフォーマンスを見せてくれることが一番大切なことだと思うので、今後もそういうことを期待する」

――大久保と本田は、ポジションチェンジをどんどんしたほうがいいと思うが?

「まず、本田に関しては、「彼の家」と呼んでいるが、トップ下のポジションでより多くの時間をプレーしなければならないと思う。逆に大久保であったり、柿谷や大迫という1トップのポジションに入っている選手は、ときに裏に抜けたり、ときにチームメートにスペースを作るために意図的に引いたり抜けたりするようなプレーを見せなければならない」

「最後に、この場を借りておめでとうと伝えたい。今日、我々の名誉総裁である高円宮妃殿下の次女の典子さまがご婚約をされたというニュースがありましたので、おめでとうございますと伝えたい」

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
58pt
川崎F
52pt
柏レイソル
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
70pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
沼津
45pt
秋田
44pt
栃木
43pt
Jリーグ順位をもっと見る