2014.05.28

CBでフル出場の森重真人、相手との競り合いは「問題なかった」

森重真人
相手選手と競り合う森重 [写真]=野口岳彦

「キリンチャレンジカップ2014」が27日に開催され、日本代表とキプロス代表が対戦。太ももの負傷から公式戦約4か月ぶりの復帰戦となった内田篤人が前半終了間際に決めた先制点により、日本代表が1-0で勝利した。

 同試合でフル出場した森重真人は、「高い位置からプレッシャーに行けていましたし、相手陣地でプレーする時間も長かったと思うので、こういうふうに自分たちが主導権を握れる試合ができればいいのかなと思います」と試合を振り返る。

 センターバックからのビルドアップの起点となることについては、「もちろんいい時もありましたし、何本か合わない時だったり、裏のボールがGKまで行ってしまったりとか、精度だったり、FWと話してもっと試合の中で見つけて行ければいいと思います」と、さらに精度を高める必要があるとコメント。

 キプロス戦では、散発的に縦への速い攻めやロングボールから相手に攻め手を作らせる場面もあったが、屈強な選手相手の競り合いについては、「周りがカバーだったり、セカンドボールを拾えれば問題ないですし、自分がジャンプするタイミングだったり修正できていると思うので、問題なかったです」と、一定の手応えを示している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
13pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る